お知らせ

最新の内視鏡を導入しました!

当院ではレーザー光源搭載の内視鏡システム『LASEREO(レザリオ)』を使った

胃内視鏡、大腸内視鏡を導入しました。

「LASEREO(レザリオ)」は、2種類のレーザー光を観察目的に応じて自在にコントロールし、

独自の画像処理技術と組み合わせることで、早期がんに特徴的な粘膜表層の微細血管などの

変化を強調した画像観察を可能としています。

BLI(Blue LASER image)での粘膜表面の観察、LCI(Linked Color Imaging)での炎症、

非炎症部位の観察が経鼻内視鏡でも可能となり、大腸内視鏡においてもより正確な診断が

可能となりました。

狭帯域観察(血管や微細な表面構造を見やすくすること)で診断精度を向上させ、

病気の早期発見に努めています。

 

articleffnr0920_img_01[1]